*PART7.その後…*
時刻は深夜2時。

子供の誕生を喜び合い、翌日の面会を約束した後、
夫は帰宅した。



わたしは後1時間ほど分娩台の上で過ごさなければいけない。
睡眠不足続きとお産で体力を消耗したにも関わらず、
頭は妙にすっきり、それほどの疲労感もない。
但し、とても空腹である。
取っておいてくれた夕飯、どうなっているのかな…

お世話をしにきてくれる助産師さんに問うてみると、
食べられるのなら、ここへ運んでくれるというので
是非に!と持ってきてもらうことにした。
そう、分娩台の上でしっかり夕飯を食べました。
長かった陣痛~出産までのことを思い返しながら、
我が子に会えた喜びを噛み締めつつ、とても充実した気持ちで…。

next
[PR]
by sybilization | 2007-09-26 13:00 | report(delivery)
<< 0歳最後の日 1歳の誕生日に向けて… >>