立って、座って…
e0092070_1836239.jpg


BRITISH AIRWAYSの飛行機。
(ライトが光って、離陸時のエンジン音が鳴ります)
毎日、びゅ~んと飛ばして遊んでます。
お気に入りのフェラーリ同様、大切にします。Nさん、ありがとうございます。














*「大」の方のトレーニングもしていますので、それなりの表記が登場します。
その点をご理解の上で、ご興味のある方はお付き合いください。

10月の第2週、大型台風が日本列島を縦断した頃、
低気圧の影響のせいか毎日すごくだるかったんです。
その為、1時間おきぐらいに問い詰めていた(?)「おしっこは?」をストップ。
息子に任せていました。勿論、完璧にトイレで出来るわけはなく、日に2度ほどはお漏らしをしていました。
お漏らしをした時は無言でズボンとパンツを脱がして下半身のみシャワー。
叱りもせず、励ましもせず、今思うとちょっとかわいそうなことをしてしまったんです。
でも、その無言攻撃が功を奏したのか、翌日から自己申告をするように。

「立って、おしっこ出るよ~」

自信満々にそう言い、トイレに走っていったかと思うと、
自分でズボンとパンツを脱いでおしっこをしはじめました。
突然の変化にこちらは呆然。それでも大感激しながら、目いっぱい喜び、息子を褒めました。
トイレの中で親子で抱き合って飛び跳ねながら。
息子、よっぽど嬉しかったのでしょう。前日の無言攻撃から一転したわけですから。
なんと8割方失敗していた大の方も自己申告をしてきたんです。

「座って、う〇ち出るよ~」

ズボンとパンツを脱ぎ、便座に跨り、真剣な表情。
この時、その様子をじっと見つめているわたしと目が合いました。
すると息子はなんとなく落ち着かない様子に。
そうですよね。催している最中に目の前で他人にじっと見られていたら嫌なもの。
そこでわたしは息子の前から立ち上がり、トイレから出ることにしました。

「出たら、教えてね」

そう言い残し、トイレの外に出ました。
すると息子は「は~い」と言いながら、内鍵をロックしたんです。これには一瞬びっくり。
でも、幸いトイレの内鍵は外側から開けることが出来ます。
いざとなったら開ければいいやと息子に任せてみました。
結果は、暫くの後「出たよ~」という息子の声と内鍵が外れ、開くドア。

この日から息子は1度も失敗することなく、自己申告でおしっこも大も出来るようになりました。
トイレトレーニングもそこそこに、いきなりのオムツ外しでしたが、なんとかなるもの。
我が息子ながら、短期間でここまで出来るようになったこと、誇りに思います。

お漏らしゼロのパンツマンになってから約3週間。
きっと息子は大丈夫。完全無欠のパンツマン認定です!

e0092070_21101217.jpg


*就寝中ももずっとパンツで過ごしてきました。
2歳半頃から就寝中はおしっこを滅多にしなかったので、こちらはやりやすかったです。
[PR]
by sybilization | 2009-10-23 21:00 | boy
<< 3歳児検診とヘアカット 夢中なものと秋冬のお洋服を少々… >>