植物を育てるのは苦手です…
ガーデニングやベランダで上手に植物を育てている友人、知人、ブロ友さんへ羨望の眼差し…
お恥ずかしながら、観葉植物(その中でも特に育てやすいもの)以外の植物を育てるのは苦手です。
何度かベランダで青紫蘇を育てたことなどはありましたが、
ついつい収穫を忘れ巨大な葉っぱに育ててしまったことなどざら。

e0092070_8501952.jpg

e0092070_8502274.jpg


こちらはパキラ。
丈夫なパキラが我が家では葉の色が変わり、ハラハラと葉が落ちるようになってしまいました。
余りにも葉が落ちるので、思いきって葉の部分をハサミで切り落とし、室内からベランダへ出したのが
6月の始めの入梅の頃。実はそのまま枯れてしまうとばかり思っていたのですが、ある日木の先を見て
みたらなんと小さな葉が出ているではありませんか!翌日にはその小さな葉が大きくなり、次から
次に小さな葉が出て、それがまた大きくなって…1枚目と2枚目の写真は小さな葉が出てから1週間~
10日程度の様子です。2枚目は既にパキラになっている!
植物を普通に育てている人にとっては当たり前のことかもしれませんが、
植物の生命力の強さを目の当たりにして心から感動をしたのでした。

e0092070_8501789.jpg


e0092070_8502761.jpg


幼稚園の年長と一年生の夏休みに朝顔の鉢植えを息子が持ち帰って来た時
観察記録を付けないといけないので、枯らしてしまったらどうしよう、
花が少なかったらどうしよう…とものすごく神経を使って育てていました。
今年は朝顔を育てていないということで、安心していたのです。
ところがある日、ビニール袋の中に小さな苗をふたつ持ち帰ってきました。
「これはなに?」と困惑しながら問うわたしに「ミニトマト!」と息子。
「これどうするの?」とわたし。「お母さんに見せて…また学校に持って行く」と息子。

「???」土から引っこ抜いてきたクレソンぐらいの大きさのな苗。
葉先がちりちりした葉っぱは瀕死の状態でビニール袋の中に横たわっています。
このまま学校へ持って行く~!?不安になったわたしは息子と同じクラスの親しいお母さんに
聞いてみることに。すると…持ち帰った苗は自宅で植えて育てるというではありませんか!
大慌てで、以前に買って使っていなかった土をこれまた以前に買って使っていなかった
小さな植木鉢に入れ、ぐったりしているミニトマトの苗を植えました。それが上の写真。
この写真では右側の苗の葉っぱが出ていますが、植えたばかりの時は茎だけ。
左側の苗も殆どの葉っぱが枯れていたので、パキラ同様(え?)ハサミでっ切ってしまっていたので
殆ど葉っぱがない状態でした。

これまた枯らしてはいけない!(観察記録もあるし~)ということで、
陽射しに気を使い、お水をたっぷり与え…をすること1週間。

e0092070_8503584.jpg


パキラよりも大きく育ちました!
手で支えているけれど離すとぐったり。勿論、この後支柱を買いに走りました。
順調にゆくとこの後花が咲き、実が収穫出来るのでしょう。
責任重大な気もしますが、楽しみでもあります。
今後の様子をまたブログで紹介出来るようにがんばります('-'*)v

e0092070_850286.jpg


この立派な茄子は学校でみんなで育てたものです。棘が固くて痛いほどの新鮮さ。
きゅうりと茄子、ピーマンを育てていて、収穫があると出席番号順にもらえます。
何をもらえるかはじゃんけんで決まるそうで、一番人気はきゅうりで二番目が茄子。
ピーマンが当たった子はがっかりしているということです(^-^;

e0092070_8503173.jpg


さいの目に切ってオムレツにして食べました。
美味でございました。ごちそうさま。

これを機にベランダで何かを育ててみるのも…なんて一瞬思いもしますが、
長続きしないと植物が気の毒なので、このぐらいでやめておきます。
自分で育てた薔薇を眺めることにも憧れるけれど…。
[PR]
by sybilization | 2014-07-10 09:00 | etc
<< 夏休み…蓮の花とボランティア THREE…久々にベースメイクを更新 >>