突然の別れ…でもまたきっといつかどこかで。
e0092070_1820576.jpg


インターコンチネンタルホテルの窓から六本木の夜の街を眺めつつ
昔々を思い出していた日から一週間後の朝、当時沢山の楽しい時間を一緒に過ごした
旧友の訃報を受けました。

フィリピンや香港へ…何十回も一緒に旅行をした。
お互いの誕生日を華やかに祝い合った。
沢山の共通の友達と沢山の楽しい時間を過ごした。
楽しいこと、悲しいこと、沢山の言葉で語り合った…。

お互いに生活環境が変わり、一緒に過ごすことがなくなり
その内に電話連絡も殆ど取らなくなっていた。

最後に電話で話したのは去年の11月。
体調を崩しているとは聞いていたけれど、そんなにシリアスだったなんて…。

「年が明けたら」
「暖かくなったら」
「涼しくなったら」
「落ち着いたら」

必ず会える日が来ると信じているから、急がなくても、その内にまた…
それがこんなに悲しい再会になるなんて。
でも余りにも突然のことで、実感がなくて、涙も出なくて。

旧友を偲びながら、久しぶりに六本木の夜を過ごした。
ミモザを飲んで、献杯。


別れを悲しむのではなく、出会えた奇跡に感謝しよう。

脱力感から抜け出せたら、毎日元気に過ごそう。

会いたい人にはすぐに会おう。
[PR]
by sybilization | 2013-09-03 19:00 | etc
<< ハイビスカス 恒例の…プール大好き2 >>